熱中症の症状

熱中症の症状記事一覧

熱中症とは?どういう病気なの?

熱中症とは、「気温が高い」・「湿度が高い」という環境下で生命を維持する体温調節機能に異常が発生する病気です。「気温が高い」・「湿度が高い」という状況では体温が上がりやすくなります。体温が上がりやすくなると体内に熱が溜まり、発汗(汗をかく機能)が盛んになって体温を下げようとします。気温が体温にくらべ高...

≫続きを読む

 

熱中症を起こす場所とは?

熱中症が起こりやすい場所があります。熱中症が起こりやすい場所は、灼熱の炎天下、「気温が高い」・「湿度が高い」日の日なた、野外で空気が籠もりやすい場所です。昼間に日差しが強くなる場所では、体温よりも気温が高くなることもあるため熱中症が起こりやすくなります。毎年、熱中症を起こす場所として報告されているの...

≫続きを読む

 

室内では熱中症は起こらない?

「熱中症を起こす場所とは?」で野外で熱中症を起こしやすい場所を紹介しました。野外では危険性が高い場所が多いため、「日差しが入らない室内にいれば熱中症にはならない」と考えがちです。実際、室内にいれば熱中症にはならないと思っている人がいて買い物などの外出を控える人もいます。ですが、最近は室内でも熱中症に...

≫続きを読む

 

熱中症の症状とは?

熱中症の症状は、熱失神、熱痙攣(ねつけいれん)、熱疲労、熱射病の4つの症状に分類できます。おもな症状は、熱痙攣では筋肉の硬直やこむら返り、熱失神では立ちくらみやめまい、熱疲労では全身のだるさや脱力感、 むかつきやむかむかといった吐き気の症状です。熱射病では熱中症の症状で最も重症なものです。意識障害、...

≫続きを読む

 

熱中症の症状〜熱失神の症状

熱失神の症状とは?熱失神の症状は、全身の血流が少なくなって血圧が低くなって失神やめまいが起こります。熱失神は、直射日光下での長時間の活動、「気温が高い」・「湿度が高い」室内で起こります。こうした環境下で活動すると、たくさん発汗(汗をかくこと)して脱水症状を起こしたり、体の表面部分にある毛細血管は、す...

≫続きを読む

 

熱中症の症状〜熱痙攣の症状

熱痙攣の症状とは?熱失神の症状は、筋肉の痙攣、痛み、こむら返り、硬直などです。熱痙攣は、いっぱい汗をかいてナトリウムが不足することで起こります。猛暑での運動や「気温が高い」・「湿度が高い」という環境下などでは体温が上がりやすくなります。体温が上がってくなると体内に熱が溜まるため、体は汗を活発にかいて...

≫続きを読む

 

熱中症の症状〜熱疲労の症状

熱疲労の症状とは?熱疲労の症状では、強烈な疲れや脱力感が起こります。発汗(汗をかくこと)が大量の時に、水分やナトリウムを摂らないでいると脱水症状が発生します。脱水症状が発生すると、体液が欠乏して体全体の血液量が少なくなり熱疲労となります。熱疲労の症状としては、食欲がなくなったり、体にだるさを感じる、...

≫続きを読む

 

熱中症の症状〜熱射病の症状

熱射病の症状とは?熱射病の症状は、体温が40℃以上となって多臓器不全や意識障害を起こす危機的な状況です。熱射病は、脱水症状のため脳がつかさどる体温調節機能が狂うことで起こります。「気温が高い」・「湿度が高い」環境下では体温が上がりやすくなります。体温が上がりやすくなると体内に熱が溜まりやすくなって、...

≫続きを読む

 

熱中症の症状が重症になると?

熱中症の症状が重症化すると?適切な治療や応急処置が遅れると、命を失う可能性もあります。熱射病になって一命をとりめても、意識障害や運動障害などの後遺症が残る場合もあります。熱中症は、助かっても脳などの機能に後遺症を残す可能性があります。めまい、立ち眩み、顔色が良くないなど、見た目の症状が大したものでは...

≫続きを読む

 

熱中症になりやすい人

熱中症になりやすいのはどういう人?高齢者、乳児や幼児、野外で働く人、病気の人などが熱中症の危険性が高いです。生活環境が同じでも、熱中症になる人とならない人がいます。男女別では、男性のほうが熱中症になりやすいです(乳児、幼児、高齢者を除く)。考えられる理由は、女性に比べ男性のほうが仕事やスポーツ、運動...

≫続きを読む

 

熱中症になりやすい人〜乳児・幼児・小児

乳児・幼児・小児は、体温の調節能力が不十分なため、いったん体温が上昇すると戻りにくいです。赤ちゃん、乳児・幼児は、大人にくらべ体の新陳代謝が盛んです。そのため、普段の体温も高い傾向にあります。新生児や乳児・幼児は、大人よりも体の新陳代謝が活発で平常時の体温が高めです。一日の中で体温の上下しやすく、す...

≫続きを読む

 

姉妹サイト

スポンサードリンク